電脳空間

つれづれなる事を書いています。

ジャパネットたかた

・「ジャパネットたかた」の夏掛け羽毛布団✕2 う〜ん、思ったより羽毛が少ない、、、一枚約5000円かあ、、、値段相応という感じ。

あの素晴らしい愛をもう一度

憂鬱な気分が続く。誰のせいでは無いが、とにかくイライラする。タバコを吸い、コーヒーを飲み、気分を変えようと試みる。思えば小さい頃から生きるのに辛かった。学校にも行きたくなく、家には居場所がない。だから私は放課後になると図書館に通った。そこ…

今日は

漢検3級の試験。ドキドキしている(笑)

最近、勉強していること。

・Googleデジタルマーケティング 最終問題が難しい、、、卒検みたいなモン。

最近、買ったモノ

・ニンテンドーラボ Nintendo Labo (ニンテンドー ラボ) Toy-Con 01: Variety Kit - Switch 出版社/メーカー: 任天堂 発売日: 2018/04/20 メディア: Video Game この商品を含むブログ (3件) を見る 「つくる・あそぶ・わかる」がコンセプト。 ・iPhoneⅩ クリ…

不調と好調

テンションが高かったり低かったり。梅雨の時期はそんな感じだ。別に季節のせいにするわけではないが、傘を持つのはウザったい。近所に住む外国人家族は夜になると決まって誰かが来る。興味は無いが、その声が聴こえる。 コンビニまで行こうか思案する。ポス…

精神科医との対話㉗

サッカーで「まるでゴム毬のように」と形容される選手がいる。私が観た中でその形容詞にふさわしい選手は一人しか知らない。その選手は怪我をして引退してしまったが。 私はサッカー選手でないので「引退」というものをした事がない。部活動もやった事がない…

ななこ♂「ジャパネットたかた」にハマる。

いや、夏掛けの羽毛布団を注文しただけなんだよね(笑)。でもね〜、安いな〜と思うよ。普通に買うより。品物も良さそうだし。 散歩ぐらいしか家から出ない生活をしてると買い物行くのも面倒くさくなる。漫画家であり、エッセイストの東海林さだお先生も「ジャ…

精神科医との対話㉖

私は思う。一生懸命頑張って行きてる奴を一体誰が笑えるのだろう?タバコを吸いながらそんな事を考えている。図書館に行こうか、どうしようか。とにかく私は外に出たい。家にいるのは日が落ちてからで充分だ。 GO GO 7188を聴きながら散歩をする。朝の日差し…

円卓の騎士たち

それはまるで亡霊たちの会議みたいだった。議長は責任を取らない。損をするのは決まって弱いものだ。優しさなんて無い、空疎な会話が飛び交う空間だった。 「サラリーマンにはなれないな」私は内心そう思った。堪えられない。気分転換に喫煙所に向かう。あと…

今度

漢検三級を受験する。

精神科医との対話㉕

家に帰り、高橋源一郎の「ジョン・レノン対火星人」を読み始めた。あまりに高度すぎてFラン大卒の私には難しすぎた。最初の3ページで挫折した。文学は諦めた。やはり私はTHE BEATLESが好きだ。 そして私は就職したい。働きたい。カネがほしい。飲み会に行き…

精神科医との対話㉔

私はタバコを吸いながらあのイオンは一体何なのか?を考えていた。魑魅魍魎、奇々怪々、な出来事が続いている。これは私のジャーナリズム精神が疼き出した。こう見えても私は大学でジャーナリズムを専攻していた。単位を落として留年したが。まあ、過去はい…

精神科医との対話㉓

私はヒマなので時間の潰せるイオンにまた行った。取り立てて腹が減ってなかったので、ショッピングモール内にある古着屋へ行った。 古着屋に入るなり「いらっしゃいませ」と黒猫が言った。私は猫と喋れるという特殊技能はない。何かがおかしいこのイオンは。…

精神科医との対話㉒

今日は雨。だいぶ調子は良くなっていたが、雨の日は外に出るのがダルい。こんな日はクルマだ。白とグレーの中間色のSUV。明るいところにいると白。暗くなって来るとグレー。今日はグレー寄りだ。洋服の整理をして、要らないモノを処分する。店に着くと何人か…

精神科医との対話㉑

WWDCを見て夜更かしをしていたら朝になった。朝日は体内時計をリセットしてくれるから散歩が良いらしい。まあ、あまり早くから行動するのもなんだから、ネットしたりタバコを吸ったりしてこの時間を過ごしている。 窓の外から見える朝日は目の奥の神経まで行…

WWDC 18

今回のWWDCでは新製品の発表は無いらしい、という噂を聞いた。まあ、それはいい。個人的にはHome Podがいつ日本で発売されるかが気になるところであります。iPadも廉価版だったし。iPhoneもⅩが出てるしな。 それよりもOSですよ全ては。iOS,macOS,watchOS,tvO…

アクセス数が

5000を超えました。最近は小説を書いてます。面白いのか面白くないのかは分かりません。ただ、「小説を書く」ということは昔からの夢だったので書いているのは楽しいです。読んで下さる皆様に感謝しながら。

精神科医との対話⑳

とうとうこのシリーズも20回目に突入した。もちろんこれは小説である。フィクションである。という前置きをして。 とにかく私は歩くことにした。精神科医の言葉を頼りに。具合が良いのか悪いのかハッキリしないがとにかく歩くことにした。道には猫のフンや…

精神科医との対話 番外編

このシリーズもなかなか続いてきたね(笑)。もちろんこんな精神科医はいない。当たり前だが。主治医の事を尊敬してるのには変わりないが。この小説は自分の治療の為に書いている。人と人が出逢えばそこに物語は生まれる。もしかしたら自分にとって身近な存在…

精神科医との対話⑲

「なかなかしんどいです。」私が言うと、「私のほうがしんどいよ。毎日飽きもせず人の話を聞く毎日なのだから。」彼は答える。そんな事言ったって仕事じゃないか、と答えようとして、彼も人間なのだ。という当たり前の答えと、ツラい気持ちもよく分かる。 以…

MaBook Pro 追記の追記

やはりフルHD→4K→8KごとにMacBook Proをアップデートしなければならない。やはりこのMacも5〜6年くらいの寿命で終わりそう。もっと早いかも知れない。2〜3年のスパンでMacBook Proはメジャーアップデートされる。そのタイミングかも知れない。 しかし…

MacBook Pro 追記

使い始めて早2ヶ月。なかなか快適パソコン・ライフ♫今日はねー、仮想化ソフトのParallelを入れてみたよ。まあ、Winのライセンス認証を持ってたからという理由。仕事でも無い限り、Winは使わないでしょう。それで何がやりたいか、というと中途半端になってい…

精神科医との対話⑱

どうやら先生は私の病状を見誤っていた。それについて謝罪は無かったが、背中がそう語っていた。私は別に気にしていない。「この先生なら病気を良くしてくれる。」と常日頃から思っているから。Dont,warry Miss Take。 しかし、おかげで一つ分かった事がある…

ヲタク部屋

こんな感じ。ガジェット多め。

精神科医との対話⑰

ひどい鬱に悩まされているが、とりあえず今日の予定は無いから散歩に出た。重い足取りで歩いていると、死に場所を探しているのか、散歩をしているのかよく分からなくなってきた。ウチの近所に飛び降りれる高い建物が無いことに一安心しながら。 まあ、それは…

精神科医との対話⑯

「生きてることが治療だと思っています。」彼は当たり前だ、という顔をしながら「キミがそう望むのであれば。」と。頑張って、頑張った先にあるものは何だろう?美しい小瓶であってほしいが、何もないかも知れない。分かっている。 千葉から京都までのタクシ…

このラブ・レターは歌にならない。

今週のお題「あの人へラブレター」 どうしてだろう?大学を卒業してからというもの、おカネばかりが出ていく。あんなに輝かしかった未来は何処へ行った?運動・食事・睡眠のバランスが重要だ。散歩・掃除・音楽鑑賞をしながら。 キミはダンサーという夢を叶…

精神科医との対話⑮

「まるでジェット・コースターに乗っているみたいです。」彼は鼻で笑う「それを生み出しているのはキミ自身だよ。」と。私は言う「精神科デイ・ケアに通おうと思います。」彼は言う「焦るな。」と。焦ってはいないつもりだが、少し前のめりになっているかも…

2つのリンゴ

「世界を音楽で変える。」2つのリンゴの目標は同じだった。しかし、一方はソフトウェアを守る側で、一方はハードウェアを作る側だった。両者には深い隔たりがあった。しかし、時間が問題を解決してくれた。音楽で世界が変わった事を両者は証明したからだ。 …