電脳空間

つれづれな事を書いています。

Macとの出会い。

 iPodiPhone を手に入れたから、次は「Macだ!」と思ったワケでは無かった。当時はまだまだApple は少数派で、僕もWindowsユーザーだった。WindoswXPマシンを使っていた。それでなぜ、iMacを手にしたか?話は引っ越しに遡る。

 引っ越しをして、新しいデスクを手に入れた。その頃、仕事の資格試験をしていたため、今までの机だとデスクトップPCを置くと、スペースが無くなってしまっていた。なので、省スペースのノートPCが欲しかった。アキバのヨドバシでいろいろ探した。当初は、SONYVAIOを考えていたが、やはり高価だった。いろいろ見て廻るうちにふと、Macコーナーに足を入れた。その時に新型iMacが出たばかりで、旧型iMacが大幅値引きされていた。何気なく見ていると、キーボードをモニターの下に収納でき、ノートPCよりも省スペースに使えることが分かった。が、今までWindowsで慣れてきて、Macは不安だったが、店員さんにその事を聞いてみると「Windowsも動きますよ!」という意外な答えが返ってきた。そうなのだ、インテルMacWindowsも動く事を初めて知った!(OSは別途購入だったが、、)そうとなれば話は早い、これでiMacにしない理由は無かった。

 しかしいざ買い替えてみて、やはり使い方の面でいろいろ分からないことだらけだった。その時、Apple Store の「One to One」というサービスを知った。Store でMacの使い方を教えてくれるサービスだ。これを活用した。時間がある時は銀座のApple Storeに行き、いろいろ質問し、徐々に使い方に慣れていった。それから「Mac Fan」という専門誌も愛読するようになった(これは今も続けて読んでいる。)

 Apple製品を使い続けるようになってから感じたことは、「製品に哲学がある」という事だ。なぜこの機能があるのか?なぜこの機能が無いのか?その理由は使っているうちに自然に感じ取れた。今ではiPhoneiPadiMacMacBook、AppleWatch、AppleTV を使っているが、全ての製品から哲学が感じとれてまさに「リベラルとテクノロジーの交差する場」にAppleは存在する。