電脳空間

つれづれな事を書いています。

「コンビニ人間」書評

  僕はコンビニが好きだ。あの無機質な感じ、匿名性、便利さ、コストパフォーマンスの高さ。最早、コンビニさえあれば生きていけると半ば本気で考えている 笑。この小説の主人公は高校を卒業してから18年間コンビニでバイトをしている。その理由が特にあるわけでは無い。「ただなんとなく」である。外部の人間からは奇異に感じられる。友人は「結婚しないの?」とか「就職は考えてないのー?」とか。はっきり言って余計なお世話である。変わる事が吉とされている風潮で打算なく生きる事もまた素晴らしい。

 しかし、そんな快適な殻を破ろうとするのも外部である。コンビニにアルバイトに来た、どうしようもないサイテー男である。お客さんにストーカーしたり、借金があったり、住む部屋が無かったり。周りはそんな2人をお似合いのカップルだという。要するに誰でもいいから恋人とかパートナーがいない人間はダメという烙印を押される。「おひとりさま」いいじゃん!と僕は個人的に思っているが、世間は意外とそうでもないらしい。

 コンビニという所は不思議なもので、「あ、このコンビニが好き!」とか「ここは買いやすい!」とかある。チェーン店だから、どこも同じだとは思うが、何かが違う。主人公はそんな「違和感」を瞬時に感じとり、魔法のように瞬く間に変えてしまう。因みにこの小説の作者も現在 コンビニでアルバイトをしているらしい。