電脳空間

つれづれなる事を書いています。

カメラについて

 ぼくはカメラが好きだ。写真が好き、というのは勿論あるが、機械としてのカメラが好きだ。以前、写真家の森山大道さんに憧れて、RICOHのGRを使ってスナップショットを撮っていた時期があった。しかし、スマホを持ち、iPhoneのカメラ性能が上がるに連れ、次第にGRの出番は減り、iPhoneのカメラを使うようになっていった。GRの良いところは単焦点レンズのみで、気軽にサクッと写真が撮れる事だった。きっと今の時代に森山大道さんがカメラを選ぶとしたら、やはりiPhoneになると思う。目的は気軽に写真が撮れる事だから。

 そして、世間に気軽にスナップショットが撮れるようになったら、デジタル一眼レフが少し頑張れば買えるくらいに身近なものになっていった。その流れに乗り、僕もデジタル一眼レフを手に入れた。当初はいろいろなレンズを試していたが、自分に合うのはやはり、気軽に撮れる単焦点レンズだった。今はそのレンズ一本しか持っていないが、さほど不便は感じていない。コンデジの高倍率のSONYのM3と単焦点NikonのD750とを使い分けているからだ。散歩が趣味なので、カメラを持ち歩き、身近な風景を撮り、良く撮れたものはプリントアウトし、アルバムに残している。

 今後はNikonの障害者割の会員になっているので、時間がある時に投稿してみたいと思っている。写真の面白いところはシャッター1つ押すだけなのに、そこに如何に自分の思いと、情報を込められるかにかかっている。だから、職質されるくらいの覚悟を持って自分の思った写真が撮りたい。こんなに身近に芸術があるのだから。