電脳空間

つれづれなる事を書いています。

精神科医との対話㉕

 家に帰り、高橋源一郎の「ジョン・レノン対火星人」を読み始めた。あまりに高度すぎてFラン大卒の私には難しすぎた。最初の3ページで挫折した。文学は諦めた。やはり私はTHE BEATLESが好きだ。

 そして私は就職したい。働きたい。カネがほしい。飲み会に行きたい。終電は逃したくない。そんな感じだ。とにかく私が働くためには何が必要か考える。まあ、まだその時期ではないのかも知れない。時が来たら。

 ワイドショーを見ながら、麦茶を飲む。若い頃は将来に対して希望を持っていた。何か楽しい事があるんじゃないか?と。中年になったら分かってくる。THE BEATLESを聴いたり、カツカレーを食べたり、健康の為に散歩をしたり、たまに無駄遣いをしたり、そんな毎日だ。