電脳空間

つれづれなる事を書いています。

この本の装丁は「想定外⁉」 鈴木涼美「ニッポンのおじさん」

 いやーーー、「恐い本」ですねー、本作は。本の中の各話のタイトルを見て、「なんじゃこりゃ、オヤジギャグばかりじゃないか!」と思ったね。

 「嫌われ男の一生」とか、「ひょっとして死ンデレラ」、「痛快ゼツボー通り」などなど。サラリーマン川柳みたいなのが並んでいる。

 なんつーーー悪意でしょうね!完全に、おじさんにケンカを売っている。オヤジギャグの「寒さ」をここまで露悪的に書いたのは見たことがない。

 という訳で少し読んで見ると、ユーモアに溢れ、且つ男に対する批判のロジックが明快で、久しぶりの読書が「チョーいい感じ」です。キレキレですね!

 で、本題の「本の装丁」ここです!この本の全ては!!!①色をピンクを使いながら、少女趣味でなく、「カワイイおじさん」のシャツみたいな色にしている事。

 ②タイトルのフォントが「ニッポン」は明朝体で、絶滅寸前の「ニッポニア・ニッポン=日本の国鳥の鶴」からの引用であることが伺われる。絶滅寸前のオジサン。

 ③一転、「おじさん」のフォントはかわいく、まるで「カワイイおじさんなら許すけど」と言った態度が伺い知れる。

 ④で、著者のところは、キンキラ・ラメを使い、「ニッポンのおじさん」を見下している。小ネタがブラックジョークが効いていて、「触るな危険」な本である。