電脳空間

つれづれなる事を書いています。

精神科医との対話

 「カツカレー食べたい」彼女は呆れた顔をして「また太るよ」と答える。イチローは毎朝、カレーを食べるらしいが、きっとそれは忙しい中にも奥さんの手料理を食べ、奥さんと時間を共有する、という彼なりの配慮なのだろう。

 お酒を飲まない私は夜の街を遊ぶ、という事をしたことがない。ま、真面目。真面目の何処が悪いんでしょうか先生?だいたい私は教師に嫌われた。大学の推薦も蹴ったときには、名指しで馬鹿にされた。

 その教師は知らないだけなのだろう、時代は変わる、という事を。また、人の心の中を知ろうとしないだけなんだろう。大概において大切なことは放課後に学ぶことだ。飲み会という名の空疎な盛り上がりの中で、繫がればいい。

 晴耕雨読の私には時間がゆったり流れる。PUNK的生活。遠藤ミチロウ町田町蔵もそうだ。礼儀正しく、常識をわきまえ、ステージの上では攻撃的であり、LIVEの前では酒を控え、体調を整える。

 ブラックコーヒーを飲み、甘いケーキを食べる。PUNK的生活。具体と抽象の中で第三のプレイスの成功がそこにある。家庭、職場・学校、余暇。私の遊び場は上野公園であり、青山墓地であり、Today at Appleだ。

 ま、そんな事はいい。紋切り型の解答なんて聞きたくない。今年の冬は初めてブーツを買った。最初は革が硬かったが、段々 足に馴染んできた。自分は完璧を求めない。その時点で物事は破綻している。余白があってもいいんじゃないか?

 

買い替えサイクル

 スマホタブレットは1〜2年。Apple WatchはOSのサポートが切れてから。デジカメは5〜6年。パソコンは7〜8年。

 ま、そんな感じだ。時間軸を決めておく。それが枠になる。ま、スマホタブレットにしても次世代がTypeーCに対応すれば、これ以上の買い替え要素はない。つまり、現タブレットはポスト・ノートPCである。いや、それ以上のパワフルさがある。次期スマホはトリプル・レンズになり、高級コンデジ並になる予想。

 そうなるとよりシンプルになる。普段遣いのスマホ。外出先でのタブレット。家での作業のPC。問題はiPhoneとデジカメのスナップシューターとしての性能。よりシンプルな生活を心掛ける。

精神科医との対話

 最近、世の中がツマラナクなっている。みんなスマホスマホスマホ、ばかり見ている。そんなに楽しいか?スマホ。相変わらず、私は文庫本を読みながらそう思う。

 私が中学・高校の頃は、大人は電車の中でスポーツ新聞を読んでいた。今はスマホで見ているのか。ま、いい。便利なものは便利だから。所詮道具、と割り切ってしまえばそれほど腹も立たない。

 彼女は言う「あなたにスーツは似合わない。サラリーマンなんて無理よ。」私は言う「Why?」「そういう所。あなたは自分中心だわ。」なるほど。そうかも知れない。ならば何が出来る?

 青山のあたりに「富士そば」は無かった。「吉野家」も無かった。日本が誇るファストフードは何処にも無かった。あるのは個人のShopばかり。客なんて入っていない。みんな土地をテナント経営して、「オシャレ」と名の会社設立して、法人で賢い相続税対策をしている。

 「あなたは変わっているわ」なるほど、それも分かる。しかし、時には反発したくなる。「うるせー、ブス!山田◯子をブスにした顔しやがって!」彼女もキレた。「このキチ◯イ野郎!」なるほど、キチ◯イ病院に2回ほど入院した私はそうなのだろう。しかも卓球やったり、将棋指したり、みんなと散歩したり、コンビニでオジさんがポテチとコーラを買って、みんなで食べたり。なんなら3ヶ月くらいなら、また入院したいくらいだ。

 青山よりキチ◯イ病院のほうが私には合っている。何故ならば、私には本質を見ているからだ。最新のファッションもスマホも問題は中身だ。友人は「ワークマン」のズボンを嬉しそうに履いている。それはとてもCoolだ。

 一期間、生活を共にした精神病院の友人達のほうが、私には遥かに理解できるだろう。そう、彼らの中身が。形に拘らず、中身を見て。本当に「青山」に住んでいる人は全く「青山」らしくない。それが本質だ。

精神科医との対話

 大体の恥を掻いてきたつもりだ。彼女は言う「あんたってさー、図々しいくせに何でメンタル弱いの?」私は答える「弱いんじゃなくて、雑なだけだよ」と。彼女はまたいつもの様な顔をして、ふーん、と言う。

 図々しいのか、気が弱いのか、只の病人なのかは知らないが、他人に迷惑を掛けたり、借金したり、はしたくない。が、現実は往々にして正反対に向かう。ま、大丈夫。健康ならば。

 そして私は不健康。だから散歩も始めたし、サイクリングもするようになった。精神分析医は「森田療法だね」としたり顔で言うが、あんたに習った訳ではない。何とか必死に生きているだけだ。

 ま、カネもコツコツ返してますよ。ご心配なく。今流行りの「カードローン」や「キャッシング」では借りた事がない。そこまで落ちぶれたらズブズブの沼、に入ること間違いなし。

 ま、枠を広げすぎた、と言うのが答えである。カネの使い方の。方法は間違っていなかったが、無職であることを忘れていたww。いや、ニートではない。就労支援や資格取得に励む中年男子だ。

 スーファミの「ゼルダの伝説」をしたり、コンビニコーヒーを飲んだり、ウンコしたり、ファミポテ食べたり。で、またウンコしたり。そんな毎日だ。大体私は贅沢が嫌いだ。

 富士そば日高屋吉野家をこよなく愛し、ベローチェでカフェラテを飲みながらタバコを吸う。え?無職のくせに贅沢だ?私が贅沢なのではない、タバコ税が高すぎるのだ。

 軽作業の「軽」は「軽んじられてるの軽だよ」誰かが教えてくれた。それでもいい。働いて腹を満たしたい。あと4歩くらいなのだ。もうちょいなのか、まだまだなのかは知らないが。空は曇天だ。

風邪を引いてました。

 皆さんは風邪など引いてないでしょうか?私は思いっきり引いてましたww。なんとか生きていました。

 ま、その中でも生活は続く。母親も風邪でダウンしていたので、私がコンビニのパンや果物などを買ったりして生きていました。そして休日診察をしてくれる病院に行きました。

 やっぱり病院というのはスゴいですね。喉の痛み、咳、熱がみるみるうちに良くなりました。有り難や健康保険。

 そしてヤフオクも進む。もうねー、細かい事の答えなんて出来ないっすよ。頭はボンヤリ、喉は痛い、そのせいで舌が口内炎により切れて痛い。メシも食えない。そんな状態。

 ま、明日は動けるようになってきたので、サクサク進めるようにしたい。思えば遠くへ来たものだ←意味不明。

 皆さん、風邪には気をつけて下さい。