電脳空間

つれづれなる事を書いています。

昔はパソコン、今はカメラ。

 家電量販店のメインの売り場は昔はパソコンだった。それが今はカメラ売り場に変わっている。InstagramなどのSNSによって写真が大きな役割を担っているからだと思われる。また「カメラ女子」なる言葉も生まれ、女性の間で一眼レフカメラ、ミラーレスカメラが流行している。

 私はカメラオタクではない。カメラオタクはメーカーごとの違いを比較・検討する。そして仲間内でレポートする。私は用途に合わせたカメラを持ってるに過ぎない。オタクを名乗るほど詳しくはないのだ。もちろん、オタクは尊敬の対象だ。

 デジカメ、スマホ、一眼レフ、アクションカム、360°カメラ。カメラは面白い。これからは撮った写真をブログにUPしていきたい。表現のツールとして。その中で最も使用頻度の高いカメラはiPhoneだ。「カメラの性能が良い」からiPhoneを選ぶ人がいるくらい優れている。

 iPhoneのカメラの特徴はレンズにある。何枚もレンズを重ねて、明るいレンズに仕上げている。それを若者たちは気軽にSNSにUPしている。また、最近はビデオカメラ機能を使ってネットにUPしている若者も増えている。どちらも「気軽に」。

 女性が人気を牽引している点も面白い。彼女たちは「自撮り」に命を賭ける。また、一眼レフなどの「本格的」なカメラも彼女たちの憧れの対象になっている。フィルム・カメラが流行ったり、「チェキ」などのインスタント・カメラがあったり。いつの時代も人気は若い女性が牽引する。